ジョニー・デップ なぜ1シーンで降板で10億円のギャラ貰うの?

今話題になっているのが、
映画『ファンタスティック・ビースト』
の主役だったジョニー・デップさん。

なぜ
映画会社ワーナー・ブラザーズから
降板を言い渡されたにもかかわらず、
10億円のギャラをもらえたのか?
たった1シーンしか撮影していないのに・・・
疑問に思いませんか?

あまりにも理不尽なので、
なぜなのか調べてみました。

ジョニー・デップが降板された理由とは?

まずジョニーが降板した理由ですが、
タブロイド紙と名誉毀損の裁判で
敗訴した事が原因と言われています。

たった1シーンだけで全額報酬ゲット?

これが不可解ですよね?

なぜ全額ギャラ10億円をもらえたのか?
それはハリウッド映画で
よくある契約内容によるもの。

映画が未完成、未上映にかかわらず
全額報酬は払われる・・
と記載されているのです。

今後の映画出演が厳しくなるかも?

今回の裁判は元妻アンバー・ ハードに
暴力をふるったDV夫!という記事に対する
名誉棄損で訴えた裁判でした。

それに敗訴したということは・・・
ジョニー・デップのDVは多少なりとも
事実だったという事になる!?

そうなった時、今後のハリウッド映画に
呼ばれるかが微妙になります。

今回の10億円が最後のギャラになるかも!?

英語ニュースではこんな感じで記載

Johnny Depp will receive his full payday of over US$10 million for the latest Fantastic Beasts film,
despite only having filmed one scene.

ジョニー・デップはワンシーンを撮影しただけで、ファンタスティック・ビーストの最新映画1,000万ドル以上のギャラを受け取るだろう。引用元:www.newshub.co.nz