東京の夜景

「友達と登って、恋人と降りてきた」
のキャッチフレーズで
若いカップルの告白の聖地になった
東京スカイツリー。

その誕生秘話をお届けします。
センスがいいですね!笑

スポンサーリンク



最初は絶好調!でも・・

2012年オープン当初、
東京スカイツリーの来場者は凄かったです。
連日長蛇の列
この調子でいけば、大成功!
と思われましたが、
蓋を開けてみると・・・
年々来場者は減少傾向

どうすれば夜景デートのカップルを呼べるか?

展望台からの眺めは素晴らしい!
どうすれば夜景デートのカップルが来てくるか?

スカイツリーの担当者は毎日頭を抱えながら、
考えていました。

そして、
ついに閃いたのです!
若いカップルを惹きつける
素晴らしいキャッチフレーズを!

「友達と登って、恋人と降りてきた」

これが新しい広告ポスターのキャッチフレーズです。

友達とスカイツリーに登った?
そして恋人と降りてきたってどういうこと?
と思われる方もいるかもしれませんね。

スポンサーリンク



キャッチフレーズの意味を解説

つまりスカイツリーに登る時は友達関係。

でも展望台で
『付き合いませんか?』と告白をする。
OKが出て、付き合うことに!

そうなると降りる時は恋人同士って流れです。

最高の舞台での告白!成功率は高い!?

360度、大都会 東京の夜景が見下ろせる
ロマンチックな展望台での愛の告白。

上手くいかない訳ないですよね?笑。

そして告白の聖地として話題になり、
若いカップルが急増!

東京スカイツリーの
「友達と登って、恋人と降りてきた」
は素晴らしいキャッチフレーズですね。

決して、
友達を展望台に一人を置き去りにして、
恋人と降りてきた友達裏切り事件
ではありません・・汗
誤解しないようにね!笑

スポンサーリンク