私が”将来NYで働く”と言ったら、
友人は『お前、何夢みてんだよ!』
と大爆笑(涙)・・・

その後、
NYで就職決まったよ!と言った時、
驚きのあまり”口をポカーンと開けていた友人の顔”
を私は一生忘れません(๑• ̀д•́ )✧ドヤッ

旅行全般、語学上達の情報サイトを
運営している管理人 ヒロ(アラフィフ男性)です。

この旅行、語学サイトを立ち上げた理由は、
語学は正しい方法を知ると上達が早いのに、
正しい勉強法を公開しているサイト、
ブログが少なかったから

ないのなら、
自分が情報発信しよう
と思ったのがキッカケです。

私の場合、今ほどインターネットが
普及していない時に勉強を始めたので、
苦労しました・・

それでも英語をマスターしたことで、
海外で生活したり、働いたり、
外国人といろんな会話ができるようになり、
グローバルな視野が広がりました。

個人的には普通に生活しているより、
10倍ぐらいは楽しい人生を送っている
と確信しています。

あなたも英語を習得して、
違った世界を見てみませんか?

【プロフィール】

  • 住所:神奈川県在住
  • 既婚者
  • 血液型:O型
  • 資格取得:ゼロ!普通免許あり
  • 職業:会社経営者
  • 趣味:海外旅行、映画鑑賞
  • 好きな芸人:ナイツ、サンドウィッチマン、陣内智則(全編英語ネタも面白い!)
  • ハマっているもの:ウォーキング
  • 例えば:東京駅から渋谷駅。
    渋谷駅から溝ノ口駅。
    溝ノ口から川崎駅など、
    他にもたくさん歩いています。
    ウォーキングは歩かないと見れない
    景色が見れるので面白い!
    小旅行気分になれるのでオススメです。

  • 最近の悩み:大好きだったお酒が
    最近弱くなったこと(涙)・・
    歳のせいかも!?

特に【資格取得】でTOEIC試験も受けたことないので、
スコアもありません
・・
それでも海外で働いていたのを知ると
みんなビックリします(笑)。

TOEICスコアなしの履歴書でも転職できたのは
直接現地に飛び込んだ行動力
を評価してもらったのかも知れません。

一度働いた実績ができれば、
TOEICスコアより効果的だと思います。

近いうち、アジア移住します!

3年以内に日本を離れてアジアの
どこかに住もうと思います。

候補として考えているのが、
親日国で人がめちゃくちゃ優しい台湾、
物価が安いベトナム、
定番のタイ、
恐らくこの選択肢になると思います。

えっ、何で、アジアセカンドライフのNo1国
マレーシアが入っていないの??
と思われたかもしれませんね。

マレーシアはイスラム国家のため、
アルコールが高いから候補外です(笑)・・・

地元の人と飲んで
交流できる国が楽しいです。

近いうち、個人旅行、旅、語学、海外情報を
発信するメルマガを始めますので、
興味がある方は是非登録して下さいね。

海外で活躍する男になるのが夢だった

私は独学で英語が話せるようになったのですが、
最初は本当に散々でした・・・

まず私が英語を話せるようになりたい
と思ったのが、高校生の時です。
海外で活躍する
グローバルな人材になりたい!
そんな夢を持っていました。

英会話の勉強を始めたのも
高校3年生の頃です。

本屋で書籍を買って、
付属のカセットテープを聞いたり、
NHK教育テレビを観て、学びました。

でも・・・全く上達しなかったです。
挫折していまいました。

バックパッカーだった同僚と出会ったのがキッカケで・・

それから時が流れて、
たまたまバックパッカー経験がある
会社の同僚と出会ったことで
人生が変わりました。

最低限のバジェット(予算)で
個人旅行をして、
旅先での辛い、楽しい体験談を聞いて、
私もいろんな世界を見てみたい!

いつか旅してみたい!
と興味を持つようになりました。

ついに東南アジアへ旅立つ!

そして20代の時、会社を退社して、
バックパッカーとして
アジアを旅することを決めました。

大阪の南港から鑑真号というフェリーに乗り、
3日かけて旅のスタート地点である上海へ。
大阪の南港からフェリーで3日目に上海到着。

そして中国(上海スタート)、
香港、マカオ、ラオス、ベトナム、
タイ、マレーシア、シンガポール等、
東南アジアを約1年間かけて、
陸路だけで旅して回りました。

総額約30万円の貧乏旅行でした・・・

その時の英語レベルは何と・・

英単語、文法、読むのは
問題なかったのですが、
聞く、話すのは全くダメダメ。
英会話は全くできませんでした・・

話せないながらも、
思い切って旅に出たのです。

気持ちが悪いほどの愛想笑いで誤魔化す毎日

旅先で英語を練習するチャンスは
いっぱいありました。

まず定宿はドミトリー(6~8ベッドの共同部屋)で
外国人バックパッカーだらけ!

でも、私は英会話に全く自信がなかったので、
いつも無口・・・
外国人の輪の中に入れませんでした。

外国人が周りにいると
話しかけられても困るので、
絶対に目線を合わさないようにしたり、
会話している時も、
こちらに質問されないように
ひたすら聞き上手に徹する!

外国人と話している時も
本当は理解していないのに、
いつも愛想笑いで
理解しているフリをしていました(汗)。

本音は
俺に話しかけないでくれ!
といつも心の中で叫んでいましたよ。

英語環境から逃げました・・

英語オンリーの環境には、
ストレスを感じていたので、
自然と日本人が集まる宿で
滞在するようになりました。

本音を言えば、
旅行中に英語が上達していれば、
いろんな外国人バックパッカー
と知り合いになれるし、
楽しかっただろうなあ・・
と後悔していました。

そして帰国後、
本格的に英語を独学で勉強し始めました。
28歳の頃です。

諦めかけた時、シャドーイングを知った

いろんな教材を買いまくって勉強したが、
なかなか上達しませんでした。

もう諦めようかと悩んでいた時、
旅先で知り合ったバックパッカーから
勉強方法が間違っていると指摘を受けました。

そして同時通訳も取り入れている
シャドーイング(オウム返し)という
トレーニング方法を知り、
英語は何でも聞いて
真似していました。

それから空いた時間は
ストイックに英語を
聞きまくっていたので、
短期間でグングン上達しました。

目標はニューヨークで働くこと!

英会話力は目に見える効果が出て、
自信が持てるようになった時、
将来はアメリカ ニューヨークで働きたい!
という夢があったので、視察で
ロスとニューヨークに
行ってみました。

当然、アメリカには知人やコネなどは
一切なかった
のですが、
軽い旅行気分ですぐに旅立ちました(笑)。

笑った友人を見返してやる!

バックパッカー時代に身についた
強い精神力、行動力があったおかげで、
世界中どこでも生活できる、
根拠のない自信がありました(笑)

私が将来NYで働く宣言したら、
頭がおかしくなったのか?
とみんな笑っていました。

だからこそ、
みんなにギャフン!
と言わせてやりたい!
絶対に働いてやろう

と心に決めたのです。

ニューヨークで採用決定!

本命のニューヨークでは
絶対に仕事を見つけてやる!
と血眼になって、必死に情報収集。

日本食レストラン、日系スーパーにある
掲示板、情報誌、フリーペーパーの
求人広告を全てチェックし、
応募しました。

その結果、運よく大手日系企業に
採用決定!
強く願えば夢は必ず実現する。

ただ勢いだけで、
グイグイ攻めた感じです。
当時は気合勝ちだったと
確信しています(笑)。

PS:当時、アメリカの成功者 デールカーネギー、
ナポレオンヒルの本で
モチベーションを上げていました(笑)。

労働ビザは自腹・・さらに時間がかかった!

現地採用はアメリカの労働ビザ代は
自腹と知らされて、
会社の顧問弁護士を紹介されました。

そして顧問弁護士にビザ申請を
正式に依頼しました。
(弁護士費用約35万円!
現地採用だから仕方がない)

ただ2000年問題のため、
IT会社がインド人エンジニアを
大量に採用していたため、
なかなか労働ビザが発給されない!

約8ヵ月経って、やっとビザが下りて、
近くのアメリカ大使館(神戸)
でスタンプ申請!

ビザで時間がかかった分、事前に
たくさん英語を勉強できたので、
結果オーライと前向きに評価!?

これがアメリカビザのシール現物です
(顔写真、個人情報は消しています)↓↓

ショーンK(ショーン・マクアードル川上)の
学歴詐称問題があった後、
VISAの写真を追加公開しました(笑)。

ニューヨーク、バンクーバーで働く

憧れのニューヨークで働くことに成功!
私は9月11日マンハッタン ツインタワーの
同時テロの時、
ニューヨーク マンハッタンにいた
日本人の一人です。

今思うと貴重な体験をしたなあ、
と思っています。

2年経った後、
転勤でカナダのバンクーバー支店へ。

カナダの労働ビザ取得は面接はあるし、
なぜ日本人の労働が必要なのかを
徹底的に説明しなくてはいけないので、
アメリカの労働ビザよりも
取得が大変でしたね。

香港の中国返還以降、
香港からの移民が増えて、
厳しくなったんですよね。

でも、バンクーバーの生活環境は
とてもよかったです。

これが労働ビザ審査が
超厳しいカナダのワークパミットです。
VISAペーパーを4つ折りにして
パスポートに貼り付けます。

シンガポールも飛び込みで職をゲット!

一旦帰国して2年ぐらい日本で働いた後、
旅行で行ったシンガポールに住みたい!
と思い、妻を連れてシンガポールへ。

またシンガポールでも何もあてはなく、
求人広告、派遣会社に登録して
飛び込み就職活動を開始。

ここでも大手日系企業(旅行)に
採用決定しました。

すでにニューヨーク、バンクーバーでの
働いた経験があったので、
比較的楽に見つかりました。

海外生活感ゼロ!忙しい毎日にウンザリ

責任あるポジションで働けたのですが、
朝から晩まで働く毎日・・・
忙しすぎて、自由な時間が全くなかった。

これでは海外生活の意味がない!
と世界的に有名な某アメリカ企業に
転職しました。

でも、マリーナサンベイズ、
ユニバーサルスタジオ、
カジノ等ができてくると、
私が住んでいたコンドミニアムの家賃が高騰!

物価も高くなってきたので、帰国・・
シンガポールには4年以上住んでいました。
おかげ様でシングリッシュ
(シンガポールなまりの英語)
もかなり上達しました(笑)!

地元の人と仲良くなるには
シングリッシュを話すのが一番。
旅行予定の方はこちらの記事を
参考にして下さい⇒シングリッシュ日常英会話【挨拶・買い物・ホーカー(屋台)編】

当時、家賃約13万円ぐらいで
プール付マンション生活はよかったです。

帰国後、会社を設立。
社員はいませんが、妻と二人だけなので、
自由に時間を取って、
のんびり仕事をしています。

シンガポールは永住権が取りやすい!

シンガポールは働いている会社が
スポンサーになって、
永住権の申請ができます。
しかも申請さえすれば、
その会社を辞めても
申請はそのまま残るので、
永住権は取りやすいです(当時の情報)。

PS:シンガポールのビザは
EP(エンプロイメントパス:就労許可書)。
マルチ・エントリー(何度も出入国可能)と
一緒にスタンプ2つ押してもらいます。

バックパッカー経験が私の財産です

私にとって人生の転機となったのが
バックパッカーの体験。

当初、英語が話せなかったが、
アジアでも英語を話せる人は少なく、
お互いジェスチャーを使って、
現地の言葉を少し覚えながら
コミュニケーションを取っていました。

中国では筆談も体験。
漢字は同じではないけど、
いろいろ書けば、
何となく理解してもらえました。

何のあてもない世界中のどの国に行っても、
仕事を見つけることができるという
自信がありました。

なぜなら全く知らない東南アジアで
言葉が通じなくても、
何とかやってきた経験があったから。

最近の若い人はバックパッカーどころか
海外にも興味がなくなっていると聞いて、
勿体ないなあ!と残念に思っています。

海外に飛び出して、知らない世界を
たくさん見ることは
人生のプラスになると思います。

バックパッカー個人旅行は
一人で生きていく強い精神力が
身につくので、オススメです。

間違った独学法!教材代で70万円!

バックパッカーの後、
英語を話せるようになりたい!
と本気で取り組みました。

基本的には英会話スクールには通わず、
自宅で一人の完全自主学習で勉強していました。

かなりたくさんの英語教材を
買ったのですが、大失敗でした。

たった1つの教材で習得できるほど
英語は甘くはありませんが、
買いすぎるのは問題です。
でも私は総額70万円以上使いました。

馬鹿ですね(爆笑)!

私が思う、これが最善の勉強法

今ベストだと思う勉強法は、
各ジャンル別
(リスニング、スピーキング、フレーズ集、発音等)
にそれぞれ良い教材を持って、
最初に正しい勉強方法で基本をしっかり学ぶ。

後はとにかくいろんな英語
(映画、ドラマ等)を聞いて、音読する。

またその時々のレベルに合わせて、
効果的に補助してくれる教材
(ビジネス会話編等、難しい表現)を買い、
肉付けしながら、
さらにグングン上達していく。

そして一番肝になるのが、
シャドーイング(オウム返し)学習法です。

聞こえた音を聞こえたとおりに
音で再現する!
これにつきます!

これが私が実践した
最短で英語を身につける方法です。

裏技は一切無し!超王道で楽ではありませんが、
確実に実力はつきます。

私がオススメする英会話教材は○○保証!?

教材をたくさん買って大失敗した私が
身内、親友に紹介するのは
上達しない、効果を実感できなかったら、
全額返金できる教材
です!

この保証があれば
私は70万円も使う必要はなかった!
いい時代になりましたね(涙をこえらて・・)

まずは私の3つの方法を読んで頂き、
必要に応じて、
教材でショートカット(近道)したり、
後は映画、ドラマ等をみて、
いろんな英語を吸収して下さい。

時短教材に興味があれば、
こちらの記事を参考にして下さい⇒【決定版】失敗しない英会話教材は全額返金保証付を選ぼう!

私の場合、あまりいい教材とは出会えず、
ずいぶん遠回りしましたが、
何とかマスターできました(汗)。

最後に一言

英語ができるようになると、
見る世界が変わった!
いろんな国の人と直接話せるようになり、
かなり視野が広がりました。

給料も上がった!
より良い生活を送れるようになった!
自信を持てるようになった!
本当に良い事だらけです。

何よりもよかったのが、
英語を話せるだけで周りから
一目置かれる存在になれたことです。

英語が話せて、損をしたという人に
会った事がありません(笑)

ただし英語をゴールとして設定すると
ブレてしまうので、
英語を使ってしたい事
を目標にした方がいいと思います。

英語を通じて、世界中の人達と話し合い、
今以上に楽しい人生を送りましょう!

もし何か聞いてみたいことがありましたら、遠慮なく、
気楽に連絡下さい!24時間以内に返事します。

【補足】オススメ参考記事まとめ

追伸:ちなみに旅行記は妻が書いています。

追伸2:私の好きな名言
The world is a book,
and those who do not travel
read only one page(by St. Augustine).
(旅行をしない人は
本を1ページしか
読んでいないのと同じである)