本当のサンドイッチはどっち?セイン VS ケンプ

英語でサンドイッチ勉強法と言えば・・

デイビッド・セインさん(アメリカ人)?

それともニコラス・ウィリアム・ケンプさん(ニック:オーストラリア人)?


ヤフー検索ではどういう風に認識されているのか?

いくつかのパターンで検索してみました。

まずは「サンドイッチ+英会話」と「~+英語」なら

ケンプさんの公式サイト(suisuieikaiwa.com)が上位表示。


「英語+サンドイッチ」になるとセインさんの本を

紹介しているアマゾンサイトが上位表示されます。

調査結果をまとめると・・

私なり調べて、以下のとおりまとめてみました。

セインさん、ケンプさんともにサンドイッチが付く

独自の学習法を公開しているが、

セインさんはあくまでも本のタイトルの1つ

(正式名称は「英語サンドイッチメソッド」)であり、

ケンプさんはサイトタイトル、ベースになる

学習法の名前として「サンドイッチ英会話」を取り入れています。

メインで使っているのはケンプさんの方ですね。

勉強法の違いを簡単に説明すると・・・

セインさんの場合、

「意味のかたまりごとに英語と日本語を交互(サンドイッチ)に聞く」

ケンプさんの場合、

「パンをとり(適切な表現(基本構文)を選ぶ)、具を挟む(言いたいを瞬間に組み立てて発音するトレーニングをする)」

ケンプさんの方が「英語の規則」として

本格的に瞬間英作文のように実践しています。

サンドイッチではケンプさんの勝ちが決定!?

あのワードが多用されていると不快!?

ケンプさんの公式サイトのコンテンツにところどころ、

バカが入っている(例:英語上達に金を使うバカ)ので、

ちょっと不愉快になる人もいるかもね・・

ちなみに私は読んでいて、不快になりました。

最近は毎日10分でクリアできるミッションを

こなすシステム「ミッションイングリッシュ」も採用しています。