ベタ踏み坂(江島大橋)の撮影場所はどこ?カメラ効果の検証動画!ダイハツCMで話題に

見た目はまるでジェットコースター!?

こんな急勾配の坂が日本にあったのか!とビックリしました。

その坂の名前は江島大橋、通称『ベタ踏み坂』

2013年豊川悦司さんと綾野剛さん出演ダイハツのテレビCMタント(軽自動車)で『ベタ踏み』している、していない!このやりとりが話題となり、新観光スポットになった。

あまりにも急勾配すぎて、アクセルがずっとベタ踏みになる坂というのですが、実際に坂を走る車の撮影検証動画を見てみると、何かおかしい!?

ベタ踏みするほどの大した坂ではない!?

実はカメラのアングルにより、錯覚で急勾配に見えている事が判明!

その検証動画も見つけましたので、是非参考にして下さい。

この記事を読んでわかる事
  • ※急勾配のベタ踏み坂(江島大橋)の場所はどこ?
  • ※急勾配のベタ踏み坂(江島大橋)のカメラ効果の撮影検証動画はある?

早速本題に入ります。



<スポンサーリンク>

急勾配のベタ踏み坂(江島大橋)のニュース記事内容をチェック!

2013年末から放送されたダイハツ工業の軽自動車のCM中の豊川悦司さんと綾野剛さんのやりとりから“ベタ踏み坂”として全国的な話題になりました。
当時、橋の見物客が急増したそうです。
しかし、ここで橋の全景を確認してみると。
「そこまででもない」と感じる人が多いのではないでしょうか。
実際、CMにも使用され、よく撮影される島根県側の坂は100m進むと6.1m上る勾配で、角度を計算すると約3.5度になります。
動画で見られる角度と比べると、感覚的には大きな差があります。
というのもこの動画は、特定の方向、遠くから望遠レンズなどで撮影することで、坂がとても急に見えています。
世界で話題になった“急勾配”はあくまでカメラの効果によるもので、本来はそこまでの“ベタ踏み”は必要ないのです。
この江島大橋は“ジェットコースターのような道路”として、世界でも度々、話題になってきました。

日本では2013年にダイハツCMで急勾配すぎる『ベタ踏み坂』として話題になりました。

そして最近になって、アラビア語圏のインスタ投稿で『まるでジェットコースターのような道路(坂)』と拡散。

世界中で画像動画が広がりました。

当時のダイハツCM動画『ベタ踏み坂編』はコチラです↓↓

見た目はあんなに急勾配なのにベタ踏みしなくてもスイスイ進んでいく!

なぜ急勾配に見えるのか、不思議ですよね?

撮影場所にヒントがあるみたいです。



<スポンサーリンク>

急勾配のベタ踏み坂(江島大橋)の場所はどこにある?

まずベタ踏み坂(江島大橋)の場所は島根県松江市八束町の江島と鳥取県境港市の県境にあります。

ベタ踏み坂(江島大橋)の撮影スポットである正面は島側になります。

ベタ踏み坂の撮影拠点になるのが、ファミリーマート江島大橋店。

駐車場がめちゃくちゃ広いので、ここに車を止めて、買い物した後、サクッと撮影するのが定番になっています。

一時期は凄い人で溢れかえっていたとか。

ドラマのロケ地も観光地化される事例は多数あります。

まだまだテレビの力は凄いですね。



<スポンサーリンク>

急勾配のベタ踏み坂(江島大橋)のカメラ効果の撮影検証動画はある?

江島大橋の入り口からみた景色はこちら。

全然急勾配じゃないですよね?

近くから見ると急な坂には見えないね・・・汗

急勾配に見える江島大橋を撮影しているのは実は3キロほど離れた場所からだそうです。

下記の地図で寿物産あたり(大根島)から。

ちょうどオジサンが写真撮影をしている、あのあたりがベスト撮影スポット(大根島)だと思います。

望遠カメラじゃないと綺麗に撮れないと思いますが。

次の検証動画では実際に橋を走っている景色が見れるので、全く急勾配を感じないと思います。

CMロケ地探訪 ~ ベタ踏み坂 ~

最後のシーンはたぶんあのおじさんと同じ場所辺りから撮影したのかな?

追伸:江島大橋は日本一のPCラーメン橋(麺類のラーメンではなく、ドイツ語で構造を意味する)だそうです。



<スポンサーリンク>