英会話教材の大手アルク「ヒアリングマラソン ビジネス」
でも採用している「クリティカルリスニング」。
確実に聞き取るリスニング力を身につけて、
正確に聞き取った英語を口で再現する。

「クリティカルリスニング」は
インプットとアウトプットを同時に高める
新たなリスニング方法として注目されています。


<スポンサーリンク>


ビジネスでは正確なリスニング力が必要

母国語ではない英語だから、
何となく意味がわかった・・
程度で済ませることが多いですよね?

厳しいことを言うと、ビジネスの世界では
「なんとなく聞き取れた」
では全く通用しません。

一語一語を確実に聞き取る
リスニング力が必要不可欠
です。


<スポンサーリンク>


会社に大きな損害を与える可能性が・・

例えば保証条件などを聞き漏らしたら、どうなるか?
会社に大きな損失を与えてしまいます・・・
まあ基本的には契約は書面(メール等)
でのやり取りが基本ですが。

甘えが一切ない、本当の意味での確実な
リスニング、スピーキング力が求められています。


<スポンサーリンク>


「クリティカルリスニング」が身につくと!

英語での商品プレゼンテーション、会議、
ミーティング、電話対応が
上手くできるようになります。

重要なポイントを
効率よく押さえて、拾う、
英語を正確に理解するスキルが磨かれる。

「クリティカルリスニング」を始めてみませんか?


<スポンサーリンク>


【追伸】クリティカルヒットで話題に?

クリティカルは直訳すると批判的という意味ですが、
お笑い芸人 Everybodyのネタで
「クリティカルヒット」が大流行!
クリティカルって何?どういう意味があるの?
と調べる人が増えました。笑

「クリティカルヒット」を訳すと「会心の一撃」。
致命的なダメージを与えたという意味です。

ちなみに英語でEverybodyのネタをするとこんな感じ。
I just wanted to let you know that I do so,
love you2、loving you,kiss you2 kissing you(私はあなたのことをずっと、好き、好きです!キスするね!)


<スポンサーリンク>