佐久長聖高校出身、早稲田大学の駅伝ランナーだった

大迫傑選手(27歳)が2018年シカゴ・マラソンで3位!

タイムは何と日本記録更新の2時間5分50秒、21秒も更新しました!

さらに日本記録樹立の報奨金として1億円もゲット。

しかもマラソン3戦目で日本記録です!

ナイキオレゴンプロジェクトでの猛特訓のおかげですね。

ナイキオレゴンプロジェクトとは?

ナイキ・オレゴン・プロジェクトは

選ばれた選手だけが参加できるナイキ社の陸上競技チームです。

大迫傑さんはアジア人初の所属選手。

400メートル、800メートルをかなり早いペースで走る

トレーニングもしています。

常にレースを意識した練習を取り入れているみたいです。

引用元:ナイキ・オレゴン・プロジェクト【ウィキペディア】

オレゴンでの生活は英語、最初は超恥ずかしかった!

大迫さんはオレゴンにきて、英会話力がついたそうです。

最初は注文をするのが、超恥ずかしかった!とテレビ番組で

告白していました。

人と会ったり、食事する事がなくなるのがちょっと寂しい。

オレゴンは奥様(元SKE48研究生 橋本あゆみさん)

と息子の3人家族で住んでいます。

シカゴマラソンの感想を英語で言うと・・

the japan timesに英語でのコメントが載っていましたので、

参考までに紹介します。

記事タイトルは『Suguru Osako breaks Japanese record at Chicago Marathon』

コメント内容

“I’m really happy. The conditions were pretty tough,

so I wasn’t sure I could beat the time,

but over the final mile I felt like I could do it,”


the 27-year-old Osako said.

“Though I wasn’t able to get first place,

I want to keep improving and aim for it in the future.”



日本語訳『私はとてもハッピーです。今日は天候が悪く、走るのに最悪なコンディションだったので、記録は期待していませんでした。』

『でも、残り1マイル(1.6キロ)でまだいける!と思った。今回は優勝できませんでしたが、今後の課題として、優勝できるようにトレーニングを重ねていきたいです。』

引用元:the japan times