日本代表、サウサンプトンDF 吉田麻也(30)選手が

イギリスの永住権を取得したというヤフーニュースをみました。


あっ、そうなんだと軽く流す方が多いと思いますが、

イギリスは労働ビザを取るのもかなり大変で有名です。

恐らく世界一厳しい国ではないでしょうか?

それなのに永住権を取得とは凄いことですよ。

どれぐらい大変なのか、詳細をお伝えしますね。

取得までの長い道 6年間かかった・・・

吉田選手はサウサンプトン在籍の時、労働ビザを申請するのですが、

日本代表であったため、サッカーの実績は十分、

スポーツ枠で労働ビザは一般企業と比べると、簡単に下りたと思います。


その後、永住権を申請することになるのですが、

これが長かった・・・・

英語能力テスト『ライフインザUK』とは?

永住権の取得のため、移民局の英語能力テスト『ライフインザUK(IELTS life skills B1)』に合格する必要があります。

このテストはヒアリング、スピーキングと英会話力を問うもの。

2名1組でのインタビュー形式のテストなんです!

めちゃくちゃ大変です(汗)・・・

カナダの永住権も面接があるし、英語とフランス語が必須なので、厳しいですが、

イギリスはその上をいきます。

イングランド人は俺だ!?

吉田選手の喜びの第一声は

「イングランド人だ!!25%は英国人だと感じる!」

それもそのはず、今までは外国人枠でチームに所属していましたが、

正式にイギリス人としての所属になります。


英語もペラペラだし、身のこなしも英国風紳士!?

でもサムライ魂を持って、これからも日本代表

のキャプテンとして活躍して欲しいですね。