大谷ルールとは?二刀流に何がいいのか?アメリカの反応も含め詳しく解説!

アメリカメジャーリーグベースボールが次のシーズンから大谷ルールの導入を決めました。

昨年全米で起きた二刀流ブームの先駆者 大谷翔平選手がMLBを動かした!

でも大谷ルールって何?どこがどうよくなったの?と何となく理解したような、してないような感じではないですか?

m1

大谷ルールに関して、本場アメリカのスポーツサイトの反応や英語でどんな説明をしているか?を元に日本語に訳してみました。

メジャー本場アメリカの情報を元に大谷ルールをわかりやすく説明しますので、是非参考にして下さい。


<スポンサーリンク>


大谷ルールをわかりやすく解説

まずはアメリカのスポーツメディアサイトに書いてあった英文を引用しました。

“Ohtani rule” will allow a pitcher who is also hitting in the team’s lineup that game to remain as DH even after he is removed from the game as the pitcher.

So, if Ohtani gets pulled from the mound in the sixth inning, he’ll still be able to bat for the remainder of the game.

Previously, Ohtani had to move to the outfield If the Los Angeles Angels wanted to keep his bat in the lineup.

これを日本語に訳します
  • 『大谷ルールにより、投手が降板した後でもDH(指名打者)としてラインナップに残り、打席に入れるようになります』
  • 『これでもし大谷選手が勝利権利を獲得できる6回で降板しても、彼はそのまま打者として試合終了まで残ることができます』
  • 『今までは大谷選手は6回降板の後、外野手として守備もやらないと打者として残る事ができませんでした』
m1

大谷ルールを要約すると以下のとおりです。

今までは投手が降板した後、打者として残りたい場合、フィールドプレーヤー(内外野)として守備をしなくてはいけなかった。

でも大谷ルールが誕生すれば、降板後、守備をすることなく、DHとして残れるようになる。

二刀流選手の負担が減らせて、後は打者に専念できる!って事です。


<スポンサーリンク>


大谷ルールに関するアメリカメディアの反応は?

m1

実質今後の二刀流をサポートするためにできた大谷翔平ルールに対して、アメリカのスポーツサイトをチェックしてみました。

ニュースタイトルには大谷ルールという名前が多く見られました。

Two-way選手で昨シーズンを盛り上げた功労者として讃えているかのようですね。

  • 『MLB adds new ‘Shohei Ohtani Rule』(メジャーリーグベースボールは新しく大谷ルールを追加します)
  • 『Shohei Ohtani inspires new MLB rule for upcoming season』(ショウヘイオオタニの影響で次シーズンから新しいMLBルールが導入される)

日本語訳:大谷ルールは栄光だ!ついにベースボールは偉大な選手に合わせるようになった!

日本語訳:大谷ルール、完全に支持するよ!

m1

一部エンジェルス以外恩恵はない!というコメントが見られましたが、大谷ルール支持が圧倒的多数でした。


<スポンサーリンク>


新しい大谷ルールを導入するメジャーの太っ腹!

それにしても一選手の二刀流での活躍でルールを追加するメジャーリーグは凄いですね。

m1

さすがエンターテイメント大国アメリカ、観客が何を求めているか、熟知しています。

二刀流 大谷選手に触発されて、今後多くのtwo-way player(二刀流)がメジャーリーグに誕生する事も見越しているのでしょうね。

2021年シーズン、大谷選手の二刀流での活躍が全米に認められ、新ルールへとMLBを動かした形になります。

l1

大谷選手の打席数が増えると思いますので、ホームランを量産してホームラン王のタイトル獲得して欲しいですね。

2022年、大谷選手の活躍を期待しています。

応援しています。頑張って下さい。


<スポンサーリンク>


大谷翔平選手に関する人気記事


<スポンサーリンク>