スティーブ・ソレイシィ先生の日常英会話本
『英会話なるほどフレーズ100』シリーズが
大人気ベストセラーで売れている!

アメリカ人の著者が厳選した
実際にネイティブスピーカーなら
こう言う表現を使う!

生きた日常会話をまとめたのが
『きちんとフレーズ』です!

使っている英単語は中学レベル!
英語が話せるようになるコツの1つが
日常英会話フレーズをたくさん覚えて、
それを使う状況をイメージする、
実践してみる。

その基礎になるのが
スティーブ・ソレイシィの
日常英会話が絶対出来る教本です!

鈴木亮平の中学英語で世界一周 anan連載中!

女性ファッション雑誌『anan』で
鈴木亮平さんと
「中学英語で世界一周
鈴木亮平 ×スティーブ・ソレイシィ」

を連載しています。

2019年10月のアンアンに
連載されていた内容が使える
と思ったので、
紹介しますね。

まず鈴木亮平さんが
自分の名前を説明する時に
使っているフレーズを
教えてくれました。

それがコレ⇒『”RYO” symbolizes justice
(亮という字は正義を表します)』

Ryoが名前、Justiceが
英語の意味なので、
自分の名前と意味を
入れ替えると使えます。

追伸:第32回東京国際映画祭
(TIFF)レッドカーペット
2分12秒あたりから鈴木亮平さんが
インタビューを受けます!
鈴木亮平さんの英会話力が凄かった!↓↓

英語が難しい!なかなか上達できないあなたへ

鈴木さんのアドバイスは
英語は100%を目指さなくていい!
英語はコミュニケーションツール
なんです。

ネイティブレベルを
目指す必要はないし、
間違ってもいい!
発音が完璧じゃなくても
いいんです!
そのとおりですね。