ドラえもんの世界がついに実現!?
静岡県、富士の裾野に近未来の街づくりが始まります。

それがトヨタ自動車の
実証都市プロジェクト「ウーブン・シティ」。

車から人中心の街づくりへ
トヨタさんが東京ディズニーランド
1.5倍の敷地に最先端のAIを駆使して、
自動車、ロボット、人が共存する街を
2025年までに完成させるビックプロジェクトです。

Woven Cityイメージビデオ(long ver)

スポンサーリンク



ウーブン・シティに住みたい!

私も最先端の街に住みたい!と思いますが、
何の所縁もない人にとってはかなり狭き門です。
最初にウーブン・シティに住めるのは360人程度、
ごく少人数です。

ウーブン・シティの住人簿重はいつから?応募方法は?

今のところまだ住人応募に関しては具体的な内容は決まっていません。
住人は年齢もバランスを考えて、募集される予定です。

今のところ住人として優先されるのは
トヨタの従業員になるようです。

従業員を中心に
将来的には約2000人が入居予定
だと
公表されています。

今回のウーブン・シティは検証するのが
目的の1つであるだから
仕方ないですね。。
一般人の応募資格が決まるのは
まだ先になりそうです。

実証実験というのであれば、
いろんな職種の人がいた方が
リアルなデーター収集できると思うのですが・・・涙

スポンサーリンク



ウーブン・シティの場所は?

ウーブン・シティはどこに建てられるの?
場所は静岡県裾野市御宿、
トヨタの東富士工場跡地に作られる予定です。

ちなみにウーブン・シティ最寄りの駅になるのが、JR岩波駅です。

これから土地開発が進むとの事。
今でもガラス張りで、
少し近代風な建物かも!?笑。

スポンサーリンク



ウーブン・シティは住む研究室

住む研究室(living laboratory)という
位置づけになっているスマートシティー。
日常生活の中で検証するのが目的です。

ウーブンってどういう意味?

Woven(ウーブン)は英語で『織られた(繊維)』の意味。
一つ一つの要素(人、AI、ロボット等)が交じり合い、
共存する、そんな近未来の街を目指しています。

2月23日「富士山の日」に地鎮祭

地鎮祭では豊田章男社長が
この地を「イノベーションの発信の場所にしたい」と宣言。
日本の未来を左右する
素晴らしい最先端の実験、楽しみですね。

施工者は大林組みたいです。

スポンサーリンク