今の若者は海外に興味がない・・・

と嘆いていたのですが、

その若者の中にもサムライ魂を持った男の子がいました!

それが中学生バックパッカー 中坊レイ君(15歳)。

中学生でアメリカ横断を決心!

予定は1ヶ月でLAからNYまで横断。

予算は一日3000円(食費)。

なぜアメリカ横断を決めたのか?

その理由は・・・・

アメリカ横断を達成し、同世代に限らず、たくさんの人に勇気や夢を与えたい!

からだそうです!

こんな素敵な中学生が日本にいたんですね!!!

チャレンジする気持ち、カッコよすぎます。



私は昔ニューヨークで働いていたので、

アメリカ横断の大変さはよくわかります。

そして今でもバックパッカー風貧乏旅行をやっていますので・・
⇒TOEICスコアなしでニューヨーク、バンクーバー、シンガポールで働いた管理人プロフィール

間違いなくカッコイイのですが・・・

アメリカでヒッチハイク、

中学生では危険すぎるのでは?

安全面で大丈夫かな?と心配していました。

そしたら・・・

【速報】保護されて日本帰国へ

速報が入りました!

中坊レイ君ですが、ラスベガスの青少年センターに保護されたようです。

保護者がいないと日本に強制送還される!?


結局、父親が迎えに来て、

帰国することになった。

これは仕方がないですね。


将来アメリカだけでなく、

世界中を旅するバックパッカーになって視野を広げて欲しいです。

完璧な英語を求めているあなたへ

中坊レイ君の下記のコメントをみてどう思いますか?

単語でも気持ちがあれば伝わります!

出川さんもジャスチャー、気持ちで外国人と会話しています!

間違った英語だから・・・という言い訳は止めましょう。

まとめ 後悔先に立たず

人生の最後に多くの人が

挑戦しなかった事を後悔している

という調査結果が出ています。

年齢関係なく、何事にも挑戦する気持ちを持ち続けたいですね。


中坊レイ君、今後の活躍を期待しています。

頑張って!