歌うま美少女

英語に慣れるのに一番いいのが、洋楽を聞く事。

どうせなら将来有望な若い歌手の歌声を楽しみながら聞きませんか?

将来が楽しみな17歳歌ウマのLucy Thomasさんの有名曲のカバーをまとめてみました。

素晴らしい、伸びのある歌声を楽しみながら、英語に慣れて下さい。

Lucy Thomasさんはトップバズ(バズビデオ)の動画でも話題になりつつあります。

日本でのLucy Thomasさんの知名度が上がるといいなあ!と応援しています。

まずはオススメカバー曲、映画「パールハーバー」の主題曲「There You’ll Be」から聴いてみて下さい。


<スポンサーリンク>


追伸:ユーチューブ動画チャンネル名はLucy Thomas Musicです。

【ルーシートーマスのおすすめカバー曲】映画「パールハーバー」のThere You’ll Be

トップバズ(バズビデオ)ではホイットニーヒューストン「オールウェイズ・ラヴ・ユー」を熱唱するLucy Thomasさんが話題になっていますが、それ以上に個人的にお勧めなのが、この曲。

2001年5月リリース映画「パールハーバー」の主題歌にもなったFaith Hillの「There You’ll Be」をLucyが歌う。

息遣いがリアルに伝わるし、口の動きで発音の仕方が学べますよ。

Lの時はちゃんと上の歯茎に舌を当てています(life:ライフの音に注目)。

ビブラートが効いているし。

まるで自分の曲かのように感情移入している!?

Lucy Thomasさんの歌唱力が一番出ている曲だと、私は思います。

I`ll keep a part of you with youの歌詞はkeepとaがつながり、キーパパ~の音になるのも勉強になりますね。

追伸:12月8日は真珠湾攻撃があった日。


<スポンサーリンク>


ルーシートーマスのニューシングル「Hallelujah」

イギリス 天使の歌声を持つルーシー・トーマスちゃんがニュー・シングル「Hallelujah(ハレルヤ)」をリリース。

今一番応援したい若手女性シンガーです。

バズビデオやいろんなメディアで紹介されるといいですね。


<スポンサーリンク>


【ルーシートーマスのカバー曲から学ぶ】Beの解釈

「There You’ll Be」を日本語に訳すると「そこにあなたがいるでしょう」というニュアンスの意味になります。

beというのが状態を表す言葉でそのまま、身をゆだねる他

ビートルズのlet it beもなんとかなるさ、とかなるようになる!のケセラセラ的な意味にもなります。


<スポンサーリンク>


ルーシーの声の伸びが凄い!ホイットニー・ヒューストンの名曲「オールウェイズ・ラヴ・ユー」

ホイットニー・ヒューストンがカヴァーし、大ヒットした1992年映画ボディーガードの主題歌「オールウェイズ・ラヴ・ユー」

天才歌手が歌ったらこうなる!笑

イギリス英語なら素直に「bitter(ビター)」ですが、ちゃんとアメリカ英語の発音「ビラ―」で歌っているのもいいね!


<スポンサーリンク>


ルーシートーマスが歌う映画タイタニック

Lucyちゃんはセリーヌディオンが歌うタイタニック(1997年)の主題歌My Heart Will Go Onもカバー。

邦題は愛のテーマ「私の心は生き続ける」この時、16歳でした・・・汗


<スポンサーリンク>


ルーシートーマスがマライアキャリーのヒーローをカバー!

新型コロナウイルス感染で外出自粛で沈みがちな時期・・・

そんなご時世で1993年にヒットしたマライア・キャリーのヒーローが励ましソングとして話題になっています。

医療関係者向けの応援ソング!この美声を聞くと元気になれる!


<スポンサーリンク>


ルーシートーマス プレスリーの「好きにならずにいられない」

1961年エルヴィス・プレスリーの「好きにならずにいられない(Can’t Help Falling In Love )」を歌うLucyさん。

もう60年も前の曲だったんですね・・・汗


<スポンサーリンク>


1998年 映画アルマゲドンの主題歌

感動の映画アルマゲドンの名曲が蘇る!

Aerosmithの「I Don’t Want To Miss A Thing」を歌うルーシーちゃん。

日ごとに成長していますね。


<スポンサーリンク>


ルーシートーマスの妹Marthaと歌うYou Raise Me Up

天才少女Martha Thomas(11歳)と一緒に歌うLucyちゃん(16歳)。

姉妹で歌ウマなんです!
妹Marthaちゃんも将来有望ですね!



<スポンサーリンク>


ルーシー・トーマスのwiki風プロフィール

イングランド北西部ランカシャー州ウィガン出身。
天使の歌姫 ルーシー・トーマスちゃんはイギリスのオーディション番組ブリテンズ・ゴッド・タレント(BGT)、ジュニア版The Voice Kids UK(2018年)のセミファイナリスト(準決勝進出者)で実力はお墨付き!

大人顔負けの歌声でいろんなジャンルを歌いこなすのが凄い!

表情豊かなので将来大物女優候補!?

これがBGTでオードリー・ヘップバーンの「ムーン・リバー」を歌った時(14歳)の動画です。


<スポンサーリンク>


番外編 同年代で頑張っている他の歌手

ルーシーちゃんと同年代で頑張っているフィリピンのバンドグループ「The Fourth Diminished Band」を紹介。

Bee Geesの”How Deep is Your Love”
邦題は「愛はきらめきの中に」で1977年にリリース!
を歌っているのですが、楽しそう!
年齢ははっきりしないのですが、中学時代(高1?)の青春の1ページって感じかな!?


(The Fourth Diminished Band)

【関連記事】

【1970、80、90年代】洋楽ヒット曲で楽しく英語上達!
13歳Emily Lingeが懐かしの名曲(洋楽)を熱唱!歌い継ぐ
歌ウマおじいちゃんユーチューバーTruthSurgeって誰!
二宮愛さん洋楽カバー曲ユーチューブ動画まとめ!英字幕と日本語付


<スポンサーリンク>