話す、聞く英会話と社会人向けの
超重要資格の1つTOEICが
同時に学べるとしたら、
興味ありませんか?

しかも1日15分程度の時間で、
ABCクイズに答えるだけだとしたら!

そんな独自のメソッドを提供しているのが、
有名英語講師 デイビッドセイン先生の息子、
トモセインさんとマイコ講師(今泉麻衣子)です。

日本一楽しく英会話とTOEICを1日15分で同時にマスターする方法を公開中です。


<スポンサーリンク>



追伸:『適性学習法の3分間無料診断』が追加されました!

楽しくなければ英会話ではありません!

とトモ先生、マイコ先生はいつも言っています。

確かにそうですよね。
辛いと思ってやっている限り、
上達するのにかなりの時間を要するでしょう。

間違っても笑って楽しむケラケラ学習が一番。
完璧主義を捨てて気楽に学びましょう!

ゲーミフィケーション教育を採用

では具体的にどんな学習方法だと楽しくできるのか?
ゲームを使って学習をする今話題の
教育法ゲーミフィケーションを取り入れています。

ゲームのABCクイズに答えると
英会話を覚えてグングン上達する!

こちらのユーチューブ動画を参考にして下さい↓↓

英会話はゲームで学ぶ!
11歳のれおんくんが5日間やってみたよ。
本当にペラペラになれた!

追伸:ゲーミフィケーション教育は英語で書くと
『gamification』。
日本語の意味は「ゲーム化」で教育界のノーベル賞とも言われています。


<スポンサーリンク>


マルチモーダル学習で記憶する

マルチモーダル学習(複数の様式)は
五感を使って、記憶に残す学習方法になります。

英語もアウトプットをして、何度も間違って、
体験することで覚えていきます。

マルチモーダル学習の例は
動画を参考に↓↓

れおんくんがゲームで英会話に挑戦!

動画では、れおんくんが5日間ゲームで英語学習に挑戦しました。
5日でも十分な成果を出していました・・
ゲームで遊んでいるみたいでしたが。

楽しくないと英会話じゃないって本当ですね。

継続のコツはARCSモデル

Google社も採用している学習意欲を継続する
手法がARCS(アークス)モデルです。

ARCSはAttention(注意)、Reason(理由)、
Confidence(自信)、Satisfaction(満足感)
の頭文字を取っています。


<スポンサーリンク>


マイコ流メソッドを無料プレゼント中

マイコ先生が提唱する学習メソッドは
簡単な英語に言い換える
イージーイングリッシュです。

難しく考えずに、シンプルに答える練習をします。
それが独り言アウトプットガイド。
独り言、TOEIC学習ハピネスガイドも動画の感想を送ると
無料プレゼント実施中です。

ただし期間限定なので、
無料キャンペーンが終わっていることも
あるので、ご了承ください。

簡単な英語でOK!イージーイングリッシュで
楽しく話せるようになりましょう。


<スポンサーリンク>