中荒沢万年雪と本城の滝の行き方!日本一簡単に行けるのは本当?体験してみた

中荒沢万年雪と本城の滝の行き方を紹介します。

本当に日本一簡単に行ける万年雪なのか?実際に体験してみます。

奥只見遊覧船 銀山平乗り場の駐車場横に山方面に行く小道があり、少し入ると入り口に通行ゲートのバーが見えます。

バーの前で車を止めて、横にある銀山平キャンプ場窓口に行きます。

そして万年雪を見に行くと言えば、万年雪の展望台まで登る時の注意事項などを説明してくれます。

万年雪までの簡単な手書き風地図もくれるので、登山の時、忘れずに持っていきましょう。

入山料として一人200円払います。



<スポンサーリンク>

銀山平キャンプ場スタッフから万年雪登山に関する衝撃の一言が!

「今日は昨日の雨で登山道がぬかるんでいるので、途中で諦める人が多いので、気をつけて下さい」・・・まあ何とかなるでしょう。

バーが開いたら、車で上がれるところまで上がります。

林道の行き止まり(タイヤが目印)についたら、駐車。

橋を渡り、登山道の入り口に看板があります。

日本一簡単に行ける万年雪見学登山が始まります。



<スポンサーリンク>

うわっ途中ぬかるみが!靴の中に水が浸水・・

川沿いの登山道を登っていくと途中には雨の影響で水たまりが。

すぐに靴の中に浸水し、心が折れそうになりました。笑

前半に水たまりが多かった!でも諦めず登り続けます。

ところどころに道しるべ看板あり

途中に「ブナの木で休憩しましょう」とか「ここで展望台まで半分!」、「あと3分の1」等、看板があるので、わかりやすかったです。

厳しい斜面ではロープが用意されていたり、二股になっているところでは矢印看板があったり。

登山初心者にもやさしいトレッキングコースって感じです。



<スポンサーリンク>

中荒沢万年雪が見える展望台に到着!

何だかんだで35分かかり、万年雪の展望台に着きました。

本城の滝と万年雪の景色、予想以上によかったです。

35分でこの絶景が見れるのなら、これはいい。

日本一簡単に行ける万年雪というのは本当でした。



<スポンサーリンク>