海外旅行のホテルチェックインの時、

デポジットのため、クレジットカードを提示して下さい!

クレジットカードをお持ちでなければ、現金○○になります・・

とか言われて、焦ったことないですか?


ホテル代は事前に払っているはずなのに!とホテル料金の決済のためにカード、現金を求められていると勘違いしがちです。

でも実はスタンダードクラスのホテルなら、英語圏だけでなく、アジア、その他の地域でもチェックインの時、デポジット(預かり金)を求められます。

何のための預かり金なのか?

チェックアウト後、ミニバー、電話、ルームサービスを利用し、追加料金が発生した時のための預かり金です。

または部屋にある備品(テレビ、ドライヤー、ポット、ダウン、タオル等)がなくなっているトラブルがあった時もチャージされます。

日本人よりはアジア旅行者でたまにトラブルがあるみたいです・・・

この場合の預かり金のことを『インシデンタルチャージ』と言います。

だから『デポジット』とか、『インシデンタルチャージ』が聞こえたら、預かり金のことを言っているんだな!と思って間違いないです。

チェックアウト後、何もなくなっていなければ、当然チャージされることはないので、ご安心下さい。

Card declineという言葉が出たらヤバイかも!?

クレジットカードを渡した後、プリオーソライゼーション(事前にカードでチャージできるかチェックされます)をするのが普通です。

その時、フロントが

『Card decline(カード デクライン:カードの承認拒否)』とか、

『Credit card has been declined(承認拒否された)』、、

『I am sorry、It did not work!(残念ながら、何かの都合でカードが使えないみたい)』

と言ってきたら、他のカードか、現金のみになります。

十分な現金がない場合、ツアーなら旅行会社と相談するしかないですね。

チャージしてキャンセルするホテルもある!?

たまに一回一泊分相当の金額をチャージして、チェックアウトの時、支払いをキャンセルするホテルも稀にあります。

その場合、クレジットカードの明細にその金額が記載され、返金処理し、マイナスでバランスゼロとしているはずです。

恐らく、『credit back(クレジットバック)』または本来現金を返す時に使う『refund(リファンド:返金)』。

そのような関連する英語が聞こえてくると思いますよ。

帰国後、最初の明細は念のため、しっかり確認して下さい。

関連記事⇒ホテル英会話 使えるフレーズを紹介!チェックイン~応用まで