英単語を覚えるのは丸暗記が一番なんです!

なんですが・・・

英単語の語源を知っていると、初めてみる単語でも何となく意味が推測できます。

語根・接頭辞・接尾辞が組み合わされた単語が多いんです。

えっ?語根・接頭辞・接尾辞って何?と思いますよね?

これから説明しますね。

英単語の語源を知る

語源の意味は簡単に説明すると、その語が何に由来してできたのか?

そして語源には語根・接頭辞・接尾辞があります。

英単語は接頭辞と単語の組み合わせが多いです。

例えばtransport。

trans という接頭辞の意味は「越えて、変えて」、portは「港」という意味。

「港」を「越える」という事で組み合わせて「輸送」という意味になります。

importはim「~の中」とimport「港」が組み合って、輸入の意味!

こうやって語源から連想して、英単語を覚えると忘れない絶対記憶になるということです。

語根とは?

例えば、play, part のようなそのまま英単語の語根もあれば、st(立つ)、pos(置く)みたいに一部の形のみで意味がある語根もあります。

結構奥が深いです。

接頭辞の場合

英単語は接頭辞プラス~という足し算単語が多いです。

接頭辞は単体ではなく、1つの単語の前に置かれます。

例えば、pre(前に)、dis(否定)等。

最後に接尾辞

例えば、ly(副詞、形容詞)、er(~する人)、ment(~である)

以前にパターンを知っていると、わからない英単語でも大まかな意味を理解できるようになります。

効率よく語源パターンを学ぶならコレ!

大体100ぐらいのパターンを覚えると1万語に対応できると言われています。

そして英単語の語源を超効率的に覚える本として、

オススメなのが清水 建二先生(愛称:シミケン)の『英単語の語源図鑑』です。

ヒルナンデス!でも今ジュンク堂書店で売れている本として紹介されました。

語源図鑑で覚えると語彙がサクサク増えていきます!

受験生の英単語暗記用だけでなく、ビジネス英語の使用頻度が高い社会人、海外旅行好きな人に人気の本です。

まずは単語の深い意味を知り、英会話の英文の組み立て方を学ぶとスッと入ってきます。

この投稿をInstagramで見る

『続 英単語の語源図鑑』が発売しました🤗🎊 書店店頭で怒涛の大展開中です!ありがたすぎます〜😭😭😭  本書は続編ではなく、2冊合わせて完成する英語学習本です!  Twitterにアップしていただいた一部をご紹介いたします。店頭にたくさんございますので、ぜひお手にとってみてください。    #シリーズ70万部突破 #英単語の語源図鑑 #続英単語の語源図鑑 #英語学習 #語源図鑑 #英語 #学参 #受験 #大人の学び直し #書店 #読書 #英語の勉強 #英会話 #TOEIC #英語垢 #英語勉強法 #英語話せるようになりたい #instastudy #本屋 #書店 #かんき出版

かんき出版(@kankipublishing)がシェアした投稿 –