フェイクって何?
ずばりフェイクは偽物、詐欺師、でっちあげ!
の意味があります。
フェイクがどのように使われるのか、
よく使うものをまとめてみましたので、
是非参考にして下さい。

Fake it!

フェイク単体ではFake it!
(日本語訳は「知っているふりをする」)
は覚えておくといいです。

人気グループ嵐の曲名にもありましたね。

名言Fake it till you make it

これは結構有名な名言なのですが、
意味は「成功するまで、成功者のフリをしなさい」
結構使えますよ。

フェイクニュース

そしてトランプ大統領がよく言っていたのが、
フェイクニュースですよね。
意味はでっちあげ(嘘)のニュースになります。

フェイクファー!

あと偽物でよく使う時は
「フェイクファー(ファーは毛皮)」ですね。
動物の毛皮と言いながら、実際には
人工毛皮、模造毛皮で作られている。

フェイクミート

見た目と味は肉!でも実は大豆でできていた!
そんな代替肉がブームになっています。
アメリカなどの海外では、健康志向の食材として
だいぶ前からフェイクミートを採用しています。

日本ではネクストミーツの代替肉が有名ですね。

フェイントとフェイクの違いとは?

フェイントは主に「見せかけ」の意味があります。
例えばサッカーで蹴るフリをして
ドリブルする事を「キックフェイント」といいます。
逆にバスケではシュートを打つフリ、
「シュートフェイク」になります。

まずはフェイク中心で
考えていいと思いますよ。