ハーバード大学図書館

スッキリ!で紹介!
ハーバード大学現役合格の松野知紀さん。
地方公立校出身者での現役合格は凄い・・

そんな松野(18歳)さんは
どんな英会話勉強法をしていたのか?
まとめて紹介します。

実はかなりの努力家だったんですね・・


<スポンサーリンク>


英語を始めたのは4歳頃から

松野知紀さんが最初に英語に触れたのは
4~5歳頃、近所にある英会話教室。

このぐらいの年齢の時、
英語を聞いておくと
耳が慣れるので、いいですね!

DMMオンライン英会話で毎日レッスン!

オンライン英会話レッスン
本格的に英会話が身についたのは
中学に入ってから。

なぜなら、
DMMオンライン英会話レッスンを
毎日25分受講していたとの事です。

オンラインで話すことで
英会話力はもちろん、
いろんな国の文化を学べたことが
大きな財産になった!

オンラインの良さはいろんな国の人を
選んで会話することができる点。

文化の違いをお互い話し合うことで
知識量もアップ。

特にセルビア文化が楽しかった!?



<スポンサーリンク>


国際イベントに参加してレベルアップ

その後、松野さんは学校のディベート部に所属し、
国際イベント、会議、フォーラムなどに積極的に参加。

時にはロシアの運輸大臣になりきって、
より良い政策を提案した事も。

睡眠時間も4~5時間だった。
凄い努力されてきたんですね。



<スポンサーリンク>


TEDで著名人のスピーチを学ぶ

松野さんはいろんなジャンルの
世界的なスペシャリスト、著名人の
スピーチの配信動画TEDでスピーチの
やり方を勉強していたとの事。

TEDでみれる著名人のスピーチの1つにあるのが、
アップル創設者 スティーブ・ジョブズ氏の
有名な創業式スピーチ動画。

名言「”Stay Hungry. Stay Foolish.”
ハングリーであれ。愚か者であれ」

この動画は完全保存版ですね!


知紀くんの勉強法を調べている
意識高い系のあなたなら、
すでにこの動画は視聴済かも!?笑


<スポンサーリンク>


まとめ

松野さんは本格的に英会話力が付いたのは
オンライン英会話。

なぜならいろんな人と話をすることで、
文化に興味を持ったから。

その後は積極的にインターナショナルなディベートに参加し、
英語力をブラッシュアップ(磨き上げる)させました。

ただこの流れはなかなか普通の人は厳しいのではないでしょうか?

中学からオンライン英会話、毎日ですよ・・
オンラインは相当勉強をして、独り言で英語がペラペラ
話せるようになり、実力を試したい!と思った人が
やるべきだと私は思っています。

また世界のハイスクールがディベート対決する国際会議に参加って・・

いやー敷居が高いです。

天才の勉強法でなく、普通の英会話上達を目指すなら、
こちらの無料でできる3ステップ独学上達法を参考にして下さい!


<スポンサーリンク>