ジャックダニエルCM『次は俺のおごりだ』は英語で何で言うと?バー英会話も紹介!

ウイスキー【ジャックダニエル】のテレビCMでバーカウンターでの一幕。

バーテンダーがグラスをカウンターに滑らせて、グラスをキャッチする!

映画のワンシーンのようで超カッコいい!

映画好きなら一度は憧れた事があるではないでしょうか?

日本語の字幕は出ていて、内容はわかりますが・・気になるのが英語の台詞。

ジャックダニエルCMの台詞は英語で何て言っているのか?

『おごります!』の他の英語表現(店からのサービスです等)もあるので、まとめてみました。

使える英会話フレーズなので、是非この機会に覚えておいて下さい。


<スポンサーリンク>


ジャックダニエルCMの英語の台詞はコレだ!

英語の台詞はコチラになります
  • ボーテンダー:I`ve always wanted to do that(これ一度やってみたかったの)
  • 受け取った男性:Next round’s on me(次は私のおごりです!)

英語の台詞を覚えて、ユーチューブ動画で答え合わせしてみましょう。

グラムをカウンターに滑らす!一度はやってみたいね!笑

この前ジャニーズの誰かが番組でチャレンジしてました。

でも実際にどうやって『おごる』のかな?と思ったあなたに海外でのバー事情を解説しますね。


<スポンサーリンク>


【マメ知識】ドリンク注文と支払いはカウンターでオーダー毎に完結

海外ではバーカウンターでドリンクを注文し、その場でドリンクを待つのが普通です。

そしてドリンクが用意できたら、現金(チップ込みの代金・・汗:またはカード払い等)と引き換える

このオーダーシステムを『cash on delivery』と言います。

『Next round(次の一杯)』を全員におごりなので、みんなカウンターに殺到して、注文し、お題は男性がまとめてお支払い。

飲み物の代金はおごってもらっても、チップはお客様負担(1ドル)が常識です。

人数を数えないと2杯飲む人いるかも!?笑

追伸:ジャック ダニエルの世界統一新ブランドメッセージは「MAKE IT COUNT(今を味わいつくせ)」。

今を一生懸命生きる!いい言葉です。


<スポンサーリンク>


『おごります』他の英語表現方法もまとめてみた

『おごります』には複数の英会話表現があるので、この機会にまとめて覚えておくと便利です。

  • It’s on me
  • I’ll buy you a drink
  • It will be my treat
  • It’s my treat
  • I will take care of it

さらにお店側がサービスしてくれる場合の言い方もあります。

それが『It’s on the house(店からのサービスです)』

me(私)とhouse(店)の違いですね。

この場合は家の意味のハウスではないです。笑

小ネタで覚えておくと便利です。


<スポンサーリンク>


【合わせて読みたい関連記事】


<スポンサーリンク>