英語は難しいなあ。
もう歳だし無理だ。
日本人全員が英語苦手なんだから、
どうしようもない!
と諦めていませんか?

諦めるのは勿体無いです。

なぜなら、
誰でも知っているアレをすれば、
英会話は楽に習得できる事が判明したからです!

英会話をいくら学んでも、なかなか上達しないのは
難しく考えすぎているからだったんですね。

これから英語を話せるようになる

考え方を紹介しますので、
是非参考にして下さい!

英語は楽しく学びましょう!

英語が話せるようになりたいなら、
実際にペラペラな人に聞くのが早い!
と思って、英語が苦手だったAさん
話せるB君に聞いてみました。

すると・・・
楽しく学びましょう!
という満点回答。

うーん、そう来たか。
正論過ぎる!
話せない俺にとっては、英会話なんて、楽しいものではなく、苦痛しかない
と答えたら、
ブー!その考え方がアウト!
はいはい、アウトで結構!
と心の中で反論してみた。

実は○○マネがいいんだ

するとB君は・・
英語はモノマネから始めればいいんだよ。
どうだ!そう考えたら、
少しは楽しくなってきたのでは?
上手く英語が口から出てこない、
話してみても通じない、
ナイナイづくしだと、
いつまで経っても苦手意識は消えないよ。

う・・確かにB君の言うとおりだ。
英語は苦手だという意識をずっと持っていた。

その考え方がメンタルブロックになって、
上達の妨げになっていたのかもしれない
と気づきました。

英語はモノマネか。その考え方いいかも。

おっ!目の色が変わってきたな。
いいぞ。

さらに突き詰めると・・・

もっと突っ込んで言えば、
モノマネというより、
音マネなんだ。

えっ音マネ?
そう、様子するに
耳に聞こえた音をそのまま口から出す
耳から口へ、音を再現し続けていると
突然、英語が飛び出す感覚になれるようになる。
耳と口が英語の音に慣れた瞬間なんだ。

つまり話せる英語は聞き取れる
聞き取れる英語は話せるはずなんだ。

ちょっと待った!最初に始めるのはコレ!

音まねを始める前に、
音の変化、音のつながり(リンキング)を学んだ方がいい。

なぜなら、英単語を逃さず聞き取れるようになり、
音マネの精度が高くなるんだ。

さらに使用頻度の高い日常フレーズを塊ごと覚えておくと
頭の中で組み立てる必要がなくなり、
スムーズな会話のキャッチボールを
楽しめるよ。

簡単だよね?難しく考えない方がいい。
これからお前でもできるだろ?
とB君からの励ましの言葉。

実際にB君のアドバイスを信じてやってみると
話せるようになるよ。

なぜなら私もそうやって話せるようになったから!
もっと詳細を知りたい方はこちらの3つの独学法を参考にして下さい。