実は時間とお金がなくても、日本に居ながらプチ留学体験できるって知っていましたか?

つまり英語オンリーの環境に飛び込めば、国内でも外国と同じです。

実際に海外経験ゼロでも、英語ができるようになった人はたくさんいます!

国内でも英語漬けになるのが上達の近道です。

年末年始の正月休み、お盆、夏休みを利用して、国内で短期間合宿する人が急増中。

2020年の東京五輪に向けて、小中高生を対象に生きた英語を学ぶ目的で英語オンリーでやりとりする体験型施設「英語村」の設置が決定しました。

今は英語を話させて当然!という雰囲気が広がっています。

日本に居ながら留学体験ができる英語だけの環境を提供する合宿サービスをまとめて紹介します。


<スポンサーリンク>


ヒッポファミリークラブでホームスティーを受け入れる

日本テレビのエブリーでヒッポファミリークラブの会員がマレーシアの少女(14歳)を自宅で6日間受け入れた体験談を紹介していました。

家族一丸となって、イスラム少女日本式のおもてなし奮闘記!

するとメッカに向かってのお祈りが始まる・・いきなり文化の違いが出ました。

親子で多言語!国際交流するならヒッポファミリークラブ-もいいかも!


<スポンサーリンク>


今すぐ体験!1日10時間英語漬けの充実ワンデープログラム

ランゲージ・ティーチング・レボリューションズが提供するFORWARDワンデープログラムは日帰り英語合宿!

国内にいながら1日10時間、オールイングリッシュの環境で完全な英語漬け体験ができる少人数制の国内留学!

まるで海外にいるのでは?と錯覚するワンデープログラムなんです!

グローバル時代で生き残るにはコミュニケーション力はもちろん、発信力も鍛える!

合宿の他に『FORWARDハイブリッドプログラム学習法』もあります。

PS:FORWARD代表 石渡誠さんの「get out of your comfort zone:心地よい場所(英語を勉強しなくてもいい環境)から出て学びなさい」という考え方はいいですね。

あえて英語オンリーの中に飛び込み、自分自身を追い込むと早く上達します!

小中高校生向け夏休み英語漬け集中プログラム

毎年アメリカのテンプル大学ジャパンキャンパスが主催しているのが夏休み100%英語漬け夏季限定集中プログラム。

異文化体験と英語力の向上を図る。

日本にいながら「音楽」、「理科」、「算数」、「図工」、「社会」、「美術」、「科学」、「算数」、アクティビティー他を英語で学ぶ!

アメリカの授業を体感できるプチ留学体験。

今は国内でアメリカンファミリーホームスティー体験もできる時代です!親としては安心ですね!

テンプル大学ジャパンキャンパスのプログラム内容は・・・

  • ※小中高生向けTUJサマープログラム2015
  • ※高校生のためのTUJサマーカレッジ(高校2・3年生対象)
  • ※英語オンリーの8日間集中プログラム
  • ※夏休み限定企画 高校生のための英語を英語で学ぶスキルアップ短期集中講座(高校1~3年生対象)
  • 英語の4技能(読む、聞く、書く、話す)をバランスよく学ぶ。
    「プレゼンテーションコース」、「学内TOEFL対策コース」のどちらかを選択。

    参加者のレベルに応じたクラス分けをするプログラム

  • ※日本でできる中学生の国内留学プログラム(中学2・3年対象)
  • ※中学1年生向けサマープログラム
  • ※日本でできる小学生の国内留学プログラム(小学5・6年対象)
  • 中学の英語を始める前の基礎力をつける。

詳しくはこちらでご確認下さい⇒テンプル大学ジャパンキャンパス 公式サイト

PS:外国人相手に積極的に話しかけられない日本人のシャイな性格(「ファティック(社交性)」の欠如)も多少影響しているかも。


<スポンサーリンク>


家族参加の国内英語合宿

テレビ番組で家族で参加するサマー英語合宿の特集がやっていました。今流行の体験型学習。

合宿中、英語しか話してはいけないという過酷なルールがあります。。。

親は大変!子供に通訳してもらうお父さん・・

親心としては『大人になってからだと苦労するので、子供のうちに英語をマスターして欲しい』

でも子供は『本当はパパが英語が上手だったらいいな!』と思っているのが印象的でした。。

親子で英語が話せるようになるのが理想ですね。

最近は日本旅行をしている外国人をボランティアで『おもてなし』したい!ということで公民館サークル、国際交流サロンで英会話を猛練習している高齢者、シニアが急増中。

英語熱が高まっています。三世代で英会話学習もあるかも!?

知らないと損する?一般教育訓練給付金

世界一受けたい授業 厚生労働省の管轄であるハローワークが提供している一般教育訓練給付金について教えてくれました。

適用条件(受講開始日現在で雇用保険の被保険者であった期間が1年以上等)はありますが、教育訓練施設の支払い額20%、または10万円が上限。

もし英会話教室(パソコン、簿記教室、その他)に通う予定なら、事前にハローワークに相談すれば受講料が最大10万円返ってくる可能性もあります。

知らないと損するお得な制度。賢くスキルアップしましょう!

PS:最近、ノバの駅前留学が復活しているみたい。


<スポンサーリンク>


合宿参加前に基本的な英会話をマスターしておこう!

2泊3日でも値段はそれなりにするので、やるからには確実に上達を実感できる、有意義な合宿にしたいですよね?

満足できる内容にできるかどうかは事前の準備に関わってきます。

全く英語が話せない人が合宿に参加して、一から勉強するのはあまり効果的な学習法ではありません。

合宿に参加する前に場面別に使う、英会話フレーズをたくさん覚えて、声に出せるように準備しておく。

たくさん覚えて、声がかれるぐらい十分音読をやった。

後は覚えたフレーズが実際に通じるか?

いろんな場面別で使うことができるか?

早く試してみたい!

話したくてウズウズする!

これぐらいの気持ちになって、英語オンリーの合宿に行くと、初日からマシンガンのように話しまくり、有意義な合宿になるでしょう。

そして確実に上達します。

合宿までに空いた時間を使って、独学で学びたい方は、こちらの記事を読むとどんな勉強をしておけばいいのか、わかります⇒独学で短期間!英語が話せるようになる3つの英会話上達法

全くの初心者が参加して、日本語禁止と言われてもストレスになるだけです。

参加するだけで話せるようになると誤解している人も多いので注意が必要です。

これは実際の海外留学でも同じことが言えます。

事前の準備が大切なのは言うまでもありません。

独学でたくさん英語を聞き、話して、覚えた後に短期間プチ留学を申し込むようにしましょう!

このページを読み終えた人にオススメの関連記事⇒海外・国内で英語短期合宿をせず独学で上達させる方法

【関連記事】


<スポンサーリンク>