shwedagonpagoda-north

またホテルで買い物の荷物を預かってもらって、タクシーを呼んでもらいました。

今度は、シュエダゴン パゴダへ行きます。ここに行かないとね~。

走ること数分で、 Shwedagon Pagoda(シュエダゴン パゴダ)着いたよ。
なんか、3,500チャット言ってるけど・・・。3,000チャットと言われたんだけどな。

もう、言い合う時間がないので、仕方ない。

タクシー 3,500チャット払ったよ。

大きな獅子が見守っています

north-stairs

すごいな~。

靴を脱いで行きます。
持ち歩いたほうがいいので、ビニール袋など入れ物があると便利です。

階段を上っていくと、階段両脇には土産屋さんがずらり。

柱や天井、壁など彫刻がすごいです!
絵も飾られていた。

お土産屋さんみたり、天井見たり、足元見たりであっちこっち見ながら、上がっていったよ。

シュエダゴン パゴダが!

shwedagon-pagoda

おーっ、すごい!目の前にはシュエダゴン パゴダが!!

と思っていたら、その前に、ちゃんと入場料を払う窓口がありました~。

入場料 10,000チャット×4人

チケットとシール、シュエダゴン パゴダの地図をくれましたよ。

地図は英語表記です。
ちょっと見てみると、私達はNorth 北階段を上ってきたみたい。

パゴダは修復中でした・・

around-shwedagonpagoda

ちょっと、パゴダは修復作業してるみたいで、竹の枠組みがしてあったよ。

シュエは黄金だったよね。

修復中で、全体が金色の仏塔が見られなかったけどすごいよ。
大きくて見事です。

キラキラの建物があったり、あっちこっちと、見るところがたくさん。
一つ一つ見ていたら、1日中かかってしまうね。

仏塔の周りを歩きながらみた

kingtharyarwadys-bell

たくさんの方が、来ていたよ。

地元の方は熱心にお祈りしていました。

大きなベルの所もあった。
地図を観たら、king tharyarwady’s bell と載っていたよ。

ミングォンで見たベルを思い出したよ。

伝統の八曜日占いが気になる!

hachiyoubi

仏塔の周りに曜日が書かれている所があります。

ミャンマーは、八曜日占いというのがって、自分が生まれた日を知っているみたいで、とても大事みたい。
七ではないの?水曜日生まれだけ、午前と午後に分かれているらしいよ。

自分の生まれた曜日の所で、お水をかけたり、などのお供えをしたり、お祈りをするみたい。

生まれた日を調べておくと、良いかもしれませんね。

天井から壁までキンピカで、彫刻が細かくてすごい所があったよ。
キラキラの所が多いね。

小舟が入り口へ!?

shwedagonpagoda-kago

ん!仏塔を見上げてみると、雲に入口のような感じになってるよ。
ワイヤーで繋がれてるね。
たどって見てみると、これだったんだ。

スーレーパゴダでも見た、小舟のカゴがありました。
奉納品を乗せて、小舟が動くとあそこの入口に入っていくんだね。

今回は乗せている人がいなかったので、動いてなかったな。

仏像をみて、ほぼ一周回った!

shwedagonpagoda-buddha

寝仏像様が安置されている所があったり、なんだか、正面や向き合っていたりと、たくさんの仏像様が!
パアンでの洞窟寺院の仏像様を思い出したよ。

ぐるっと見ていき、一周したかな。

もう少しゆっくりして、ライトアップされた仏塔も見てみたかったのですが、飛行機の時間もあるので、もうそろそろホテルへ戻ります。

ここだったね。
同じ所の階段を下りたよ。

タクシーでホテルへ

ちょうど、タクシーが走ってきたので、ホテルまでお願いしたよ。
パンフレットを見せたら、すぐ分かってくれたよ。良かった!

行きとは違う、なんか裏道ぽい所を通ってるよ。

おっと、早い!アウンサンスー・チーさんの家の所だ。

ホテルに着いたよ。

タクシー代 3,000チャット やっぱり、この値段だよね~。ありがとう。