シュエダゴン・パゴダと穴場スポット!アウンサンスーチーの家やインヤー湖も!

ヤンゴン(Yangon)最終日です。

この日は夕方まで時間あったので、それまで楽しみました。

ホテル近くをぶらり散歩してみます!

道路向かいにアウンサンスーチーさんの家があります。

門が閉まっていて中を見ることはできませんでした。

この日はじりじりと暑くて、修行僧も傘をさして日射しを避けてアウンサンスーチーさんの家の前を歩いていました。

インヤー湖(Inya Lake)

今回は中心地から離れたホテルに泊りました。

近くには湖もあります!先の方に寺院が見えました。

インヤー湖の歩道からの眺め。

ホテルやこれから行くミャンマープラザ(Myanmar Plaza)が見えてきました!

インヤー湖畔はきれいにされていて、地元の人達の憩いの場所になっています。

木陰でのんびりしたり湖を眺めたり、楽しんでましたよ。

インヤー湖の斜面です。

芝生が広がり植物が綺麗に植えられていて癒されますね。

木陰でゆっくり、気持ち良さそうです。

インヤー湖の歩道を降りてミャンマープラザへ。

大通りは交通量が多いので地元の人達に付いて渡りました!

ミャンマープラザ(Myanmar Plaza)

インヤー湖の遊歩道を歩いてミャンマープラザに行きました。

外が暑かったので中に入ると、涼しい~♪

吹き抜けになっていて開放的です。

この時はミャンマーのお正月も近く、ショッピングモールの中は華やかな雰囲気でしたよ!

ミャンマープラザ(Myanmar Plaza)中のスーパーマーケット(City Mart)です。

色んな物が揃っていますよ!

お土産を買いました。

シュエダゴン パゴダ(Shwedagon Pagoda)

ヤンゴン最後の観光はシュエダゴン パゴダ(Shwedagon Pagoda)です。

出入口は東西南北4ヵ所あります。

北口から入りました。

獅子が見守っていて出迎えてくれます。

階段からは靴を脱いで裸足で歩いていきます。

靴は持ち歩いた方がいいのでビニール袋を持っていくといいですよ!

シュエダゴン パゴダ北参道です。

柱や天井、壁には彫刻が施されていて、絵も飾られていました。

階段の両側にはお土産屋さん、お供え物のお店がたくさん並んでます。

さらに階段を登って行きます。

地元の人達がのんびり話をしたり、買い物したりしていましたよ。

他の参道はどのようになっていたのかな。

階段を登っていくとシュエダゴン パゴダが見えました。

パゴダに夢中になっていましたが、ちゃんと入場料の窓口があります。

入場料を支払うとシールとパゴダの地図を渡されました。

この時のパゴダは修復中で竹の足場が組まれていました。

シュエダゴンの敷地にはたくさんの仏塔がある

他とは少し違う雰囲気の造りです。

バガンでも見たマハーボディ寺院風です。

仏教のお話が彫られていてカラフルな壁画です!

シュエダゴン パゴダに近付きました。

仏塔の周りに曜日が書かれています。

地元の人達は生まれた曜日の仏様にお水をかけてお祈りをして、とても大事にしています。

自分の生まれた曜日(八曜日)を調べて、お祈りしてみてください。

より詳しい内容は旅行記で⇒タクシーでシュエダゴン パゴダへ 八曜日占いと夜景もオススメ

シュエダゴンの周り

時計回りで歩いて行きます。

ミャンマー様式の屋根がたくさんあります。

シュエダゴン パゴダ敷地内です。

金色、電飾ピカピカの仏像が祀られていて、たくさんの人がお祈りしていました。

壁や柱、天井が金ピカで細かい装飾が施されています。

レアな写真?修復中のシュエダゴン パゴダ!

修復中で竹の足場で覆われていますが、大きなパゴダですごいです!

パゴダを包み込むように組まれた足場も竹細工のようで見事でした。

シュエダゴン パゴダの奉納品を運ぶ小舟のカゴです。

ワイヤーロープで繋がれた先を見てみると、雲の所に入り口がありました!

この時も動いているのは見られなかったな。

パゴダ敷地内は寝釈迦仏も祀られています

この時は床の修繕中だったので、ここではお祈りしたり、ゆっくりしている人はいませんでした。

パゴダには他にもたくさんの仏像が祀られています。

ここでは正面や横向きに向き合っていたりしています。

仏塔タイプもあります。

なんだか上半身が人、下半身が動物の像もありました。

金ピカの仏像がたくさん祀られていた。

地元の人は、熱心にお祈りしてます。

ここも柱など修復中で、足場がありました。

壁がキラキラした所に祀られた仏像です。

寝釈迦仏の前では、地元の人達がのんびりお話し中。

何を話していたのかな?

パゴダ作業の様子です。

竹の足場は、一つ一つ紐で結ばれていました。

足場を組むだけでも、すごい作業です。

シュエダゴン パゴダの周りを振り返って見た所です。

写真左の柱にシートが覆われている所が、足場が組まれた作業中だった所です。

再びシュエダゴンパゴダ

見覚えある寺院が見えてきました。

はじめに見たマハーボディ寺院(写真の真ん中辺り)が見えたので、パゴダを1周してきました!

後で調べたら、1周したら願い事が叶うと言い伝えがあるそうですよ!

建物や柱は細かく装飾されて美しいです。

僧侶とピンク色の袈裟を着た尼僧は、お祈りを終えた所かな。

マハーボディ寺院の所から見た様子です。

黄色い傘を差してもらっている男性、子供が歩いていたよ。

セレモニーがあるのかな?

別の角度からのマハーボディ寺院です。

パゴダの洗髪の井戸です。

建物?(仏塔)が収められていた所で、後で調べてみたら、仏陀の髪を最初に洗った所みたいですよ。

井戸だったんですね。

金ぴかの仏像が祀られていました。

シュエダゴン パゴダはたくさんの寺院や仏像があるので、一つ一つゆっくり見ていたら時間がかかってしまいますね。


 
シュエダゴン パゴダの北階段に戻って来ました。

今回は日中にだけ訪れたのですが、今度は修復作業が終わりライトアップされた仏塔を間近で見てみたいです。

最後にもう一度、シュエダゴン パゴダの北参道を振り返ると。

階段でのんびりしたり、話したり、お供えを売ったり買ったり、これからパゴダへ向かったり、お祈りを終えて降りてきたり。

地元の人達の日常なんですね。

【ヤンゴン旅行の関連記事】