【ヒルナンデス英会話フレーズ】Shellyとソーズビーが海外旅行で使える英語

ヒルナンデスの新企画『海外旅行や日常が楽しくなる使える英会話フレーズ』をヒルナンデスレギュラー Shellyさんとソーズビーのシェリズブビコンビが海外旅行で使える英語を教えます。

英語と日本語がネイティブなシェリズブビコンビだけに日本人が間違いやすい英語も熟知していて、本当に役に立つ英会話フレーズだらけでしたね。

m1

Shellyさんとソーズビーさんが話していた英会話フレーズの活用法なども一部追加していきたいと思います。

是非参考にして下さい。


<スポンサーリンク>


Shellyさんの英会話フレーズ It`s time toは使える!

ヒルナンデス新企画『海外旅行や日常が楽しくなる使える英会話フレーズ』オープニングにShellyさんが「It`s time to brush up on our English skills(英語のスキルを磨く時間だよ)」と話していましたが、この『It`s time to』が本当によく使えるんです。

例えば・・・

  • ※It`s time to go to bed(寝る時間だよ)
  • ※It`s time to go home(帰る時間だよ)
  • ※It`s time to leave(出発する時間)

他にも~する時間だよ!という場面はたくさんありますよね。

toの後に動詞で繋げればいろいろと応用が効きます。

ヒルナンデス番組内で紹介された実践的な英会話フレーズ

それでは紹介されたお役立ちの実践的な英会話フレーズをまとめて紹介しますね。

ソーズビーさんが若者が「調子はどう?」挨拶でよく使うのは「Yo!」「Sup!」。ちなみにSupはお馴染みの英語 What’s upの省略形。日本の教育で教えている「I am fine」は挨拶の場では全く使いません。

I am fineを使うとしたら、Are you ok?(大丈夫?)⇒大丈夫ですと答える時や、Would you like something elso?(追加注文はありますか?)⇒「結構です」と答える時だけですね。

m1

簡単な挨拶用語で私が使っているのは「I am good(OKでも可:調子はいいよ)!」ですね。


シェリーさんはこんな返事もあるよ!で紹介したのが「Everything is good(全部いいよ)」でした。

買い物やレストランその他で使えるお役立ちイングリッシュ!

  • Do you have anything by Yumin(ユーミンのレコードありますか?)
  • I`ll take this(これください!)
  • It`s fire(マジ激アツ!最高!)
  • It`s on me(私のおごりだよ)
  • instagrammable(インスタ映え)
  • It`s fire(マジ激アツ!最高!)
  • What do you recommend?(オススメは何ですか?)
  • Take your time(ごゆっくり)
  • Cheer up(元気出して!)

ちなみにI’ll buy you a drink!で一杯おごるよ!の意味になります。その他の表現はコチラを参考に⇒ジャックダニエルCM『次は俺のおごりだ』は英語で何で言うと?バー英会話も紹介!

即使える実践英会話フレーズ、全部覚えましょう。


<スポンサーリンク>


【補足説明】英語 make senseとsit down

m1

ネイティブじゃない日本人は英語を聞いている時間の方が長いのは間違いありません。そうなるといろんな相槌を知っていくと便利ですよね。

定番のI see(軽い なるほど)やunderstandより自然な言い方とシェリーが紹介していたのが、That make sense(なるほどね!)と相打ちを打つ事。

ちょっと難しい表現だと思いますが、会話の中での相打ちではmake senseだけでも使えます。

そして次が日本で習う英語の定番「sit down please(座ってください)」です。この表現はネイティブは普通の状況では絶対に使いません。

なぜならsit down pleaseはニュアンスが命令系で「座れ!」的な意味になるからです。通常柔らかい言い方で言うなら「Please have a seat」でベストです。

今後も追加していきたいと思います。

追伸:3つのステップで英語が話せるようになるコツを無料公開中↓↓


<スポンサーリンク>


英語ペラペラ芸能人の関連記事


<スポンサーリンク>