最近目覚ましい発展をしている国、それがミャンマーです。
世界の資本が入り、軍事政権から一気に民主化へ。

遺跡が多く、観光客も急増しています。
テレビで紹介されたミャンマーの最新情報を
まとめて紹介します。

バックパッカーコジマがミャンマーへ!世界さまぁ~リゾート

TBS「世界さまぁ~リゾート」
世界一周のバックパッカーコジマさんが
ミャンマーを案内してくれました。

まずはビーチリゾートがあるンガパリビーチ!

実は2016年にアジアNo.1ビーチに選ばれていたのです・・・

ガパリビーチにはヒルトン ガパリリゾート&スパホテルもあって、
かなり料金が安い!

ヤンゴンのナイトマーケット的な場所はチャイナタウンにある19番ストリート。

ところどころバックパッカーコジマさんが英語で交渉する場面もありました。
旅慣れていて、誰とでもすぐに仲良くなれる!
根っからの旅人ですね。

ちなみにエレファントトリップは約2400円。
カニマサラカレーは美味しいので、是非食べて下さい。

バックパッカーコジマさんの経歴

HISの企画で旅するMCタレント「TOCO(コジマサトコさんの愛称)」さんと
行くキューバ!旅人塾にも参加しています。

旅のエキスパートと一緒に旅行することでスキルアップ!

楽しい海外旅行になりそうですね。

みやぞんの後ろにある犬はミャンマー マンダレー名所のアレ

イッテQでみやぞんがイルカ漁をマスターするまで帰れない行ったきり!

みやぞんがギターで登場した場所はどこ?

正解はミャンマー第二の首都マンダレーのマンダレーヒルへの入り口でした!

2匹の白い巨大狛犬?がいるところです。

頂上に上がるとミャンマー最古の寺院スータウンピー・パゴダがあり、夕日がキレイでした。

みやぞんさんがイルカ漁した場所は
マンダレーとバモーの間にあるエーヤワディー川(旧名イラワディ)

ミッカンジー村に150年続く伝統のイルカ漁の漁師が多く住んでいます。

ウータンミエントさんが漁のやり方を教えます。

以前世界ウルルン滞在記でも人気俳優 竹内涼真さんがイルカ漁の体験をしていました。
参考動画

エーヤワディー川でのイルカ漁、みやぞんも成功するのは間違いないでしょう。

実際にマンダレーに行った時の記事⇒マンダレー観光 旧王宮、クトドー、スータウンピー・パゴダ 、マンダレーヒル

ちなみにエーヤーワディ・イルカは保護の対象になっています。

はるな愛 ミャンマーの開運スポット?世界ふしぎ発見!

TBS 世界ふしぎ発見!ではるな愛さんがミステリーハンターとして、ミャンマーへ。

バガン遺跡のティーローミンロー寺院、黄金仏像は東西南に黄金仏像があるアーナンダー寺院も去年観光しました⇒バガン遺跡はトゥクトゥクをチャーターして寺院を観光

ポッパ山観光!タウン・カラッ寺院からの景色がいいね!

アーナンダ寺院の像が遠目で見ると笑っているように見えて、
近くから見ると怒っているように見えることは知りませんでした・・・

ミャンマーの生まれた曜日を八つに分る八曜日は面白そう!

ナッカドーと呼ばれる霊媒師はオカマちゃんが多い!?

ミャンマーチキンカレー『チェッターヒン』が美味すぎ!

マツコデラックスと矢部さんの番組 アウトデラックスで

カレー好きな尾上右近さんが出演。

尾上右近さんはカレーが好きすぎて自作のインスタントカレー『ケンケンカレー』も発売開始!

すると交流関係がある高嶋 政宏さんがミャンマーチキンカレー250g『チェッターヒン』がオススメと紹介。

『チェッターヒン』を食べてみると美味しい!と大絶賛!

極辛だけど甘味と旨味がミックス!

手羽とりもしっかり2羽も入っています。

旨味のポイントは玉ねぎを焦げるギリギリまで焼いている点。

これは美味しいに決まっている!?

ミャンマー一周旅行しました!

3月27日から4月8日まで約2週間のミャンマー一周旅行をしてきました。

最近情報は期間限定(2018年10月1日から1年間、延長もあるかも!?)で
観光ビザなしキャンペーン中で日本人旅行者が多く訪れています。

驚いたのが、入国、出国の書類も不要で、
入国審査はパスポートの提示、顔写真の撮影だけでした。

ミャンマーの正月は水かけ祭りで始まる

4月13日からタイ、ミャンマーの水かけ祭りが開催されています。

水の掛け合いで、ずぶ濡れ必死!街中が盛り上がります!

祭りの前でちょうどいろんなイベントがやっていました。

写真はパガン。

観光の途中でたまたま地元のセレモニーが見れました!⇒バガン遺跡はトゥクトゥクをチャーターして寺院を観光する

ゴールデンロックは地元の人がたくさんいた!

ゴールデンロックは現地の人が何度も訪ねるぐらいパワースポットとして有名です。

この写真でみんなの運気が上がりますように祈っています。

パガンの朝日

バガン名物のサンライズバルーン(気球で朝日を見る)。

現地で値段を聞いてみたら、US$315/一人でバルーンに乗っているのは約1時間。

バルーンツアーは5時15分頃、ホテルピックアップ。

高い理由はイギリス人のパイロットを雇っているから。

天候が悪いと無理して飛ばない、だから安全で安心との事。

ちなみに私達はトゥクトゥクで朝日が見える小丘を往復プラン(チャーター)で1万チャット(約780円)でした。

バガンの早朝サンライズツアーに参加!遺跡、朝日、気球がキレイだった

ミャンマーあるある 面倒臭い編

寺院の多くは裸足でしか入れない・・・

靴よりはサンダルの方が回りやすいし、ウエットティッシュは必需品です。

100円均一やスーパー クリエイトのウエットティッシュは安く枚数も多く、

重宝しました。

寺院を回る時は

靴と靴下を履くのを止めて、サンダルにしましょう。

バスの到着時、しつこいタクシー営業

長距離バスで移動すると、早朝に着いたりします。

バスが着いたら、入り口でタクシーの営業で人が集まってくるのですが、

結構しつこいです・・・

振り切って、遠くに離れると大体安くなるので、参考までに。

意外と知らない当たりくじ!?

レストランでミャンマービール(大瓶:ビックボトル)を頼むと

テーブルで開けてくれます。

爪楊枝でその王冠の裏を引っかくと・・・

今なら期間限定でフリービア!

またはミャンマーの通貨チャット(500~)が当たる

キャンペーンをやっています。

仲が良くなったレストランの人の話によると、

12本(1ダース)に1つ何かしらの当たりがあるそうです。

もう一本当たりは結構ありましたので、

是非チェックしてみて下さい。

追伸:当然ですが、コンビニ、商店で買ったものもキャンペーン対象です。

インレー湖の名産は蓮の糸でできたスカーフ!?

インレー湖のツアーに参加すると、ロータス(蓮)の茎を折って、

繊維を何回も取り出し、合わせて糸をつくり、

それをスカーフにしているロータス織りがあります。

工房見学後、お土産ショップへ。

するとロータスのスカーフがUS$100で売られていました・・・

最初は高っ!と思いますが、

工房で手間がかかる、ロータス織りの過程を見せられていたので、

珍しい希少価値があるかな?と思い、$100と$75の2つをディスカウントして買いました!

いくらになったかは内緒ですが、相当値下げさせました(笑)。

宿のおばちゃんにもロータスは買ったか?と聞かれたほど、

現地ではオススメの名産の1つのようです。

ちなみにインレー湖にある博物館でも

同じようなロータスのスカーフが展示されていました。

インレー湖観光ボートツアー前半はお土産屋コース、ロータススカーフが凄い!

ミャンマー最後の秘境 パアン

ミャンマーの新名所 パアンの奇岩。

タイの国境に近い場所には洞窟がたくさんあったし、

まだまだ未開の地があるかも!?

結構穴場です。

マンダレー郊外がオススメ!

ミャンマー マンダレー郊外にあるミングォン遺跡、行ってきました!

ボートでしか行けないのかな?と思っていたら、車で行けました・・・

近くには白い仏塔がたくさんあった・・・

ミングォンの行き方 船でなく車!白のシンピューメパゴタが凄かった!

インレー湖の街で面白い雲と太陽、みーつけた!

駐在の人がオススメしていたお土産は・・・

ホテルで会った駐在員?の方がオススメしていたのが、

ジャスミン茶です。

パッケージもいい感じだし、スーパーで買えるからお得です。

是非ジャスミンティーを試してみて下さい。